消費者金融の金利はほとんど差はない


消費者金融業界では、金利というのはほとんど差がありません。
大手の消費者金融でも上限でおおよそ18パーセント行くか行かないか。
中小の消費者金融であれば、おおよそ18%から20%の上限ぎりぎりの設定になっているのが一般的です。

基本的に金利の設定はほとんど一緒なのは基本的にお金を借りに来る客層が関連しています。
大手の場合ですと銀行ほどの信用や担保はなくても、まだそこまでお金を書いていない人や返済能力がある方が
多くお金を借りているので、返済能力があるからある程度金利を抑えていられます。
金利が低くても貸し倒れリスクは少ない方なのです。

中小の消費者金融ですと、返済能力が乏しい方が多くなってきます。 貸し倒れリスクを計算すると
ある程度金利を高くしないといけないので、制限ギリギリの金利に設定されているのです。

とはいっても、そこまで大きな差はなく大手なら大手、中小なら中小とそれぞれの会社で顧客層に差はないのであまり同じ規模同士の会社では金利に差がないといえるのです。

消費者金融の裏事情

消費者金融は、簡単に買入れができることを前提に広報がされていて、お金に困っている人を一時的に救済する良いイメージが先行しますが、金融業として成り立っているので、利益を追求することが根本にはあります。

お金を貸す行為で利益を出す為、借りる側を第一に考えて貸しているかどうかは疑わしいと考えます。もちろん、貸す側としては、きちんと担保を考えて、貸したお金とその利益になる利子の回収が仕事になりますが、中には返済目処が立たない、担保がないといった回収できないことが分かっている相手にもお金を貸し、強引な回収行為で犯罪に近いことをする業者も存在します。

常識を逸脱するような金融業者を取り締まるルールが設けられていても、そのルールを簡単に潜り抜け営業が出いてしまうのも、利用者がいるからで需要と供給が成立してしまいます。

貸す側を完璧に規制することは不可能に近いので、利用する側に自衛策が必要になります。お金を借りることなく生きていくのがベストですが、どうしても消費者金融からお金を借りることが必要な時には、無理ない返済計画をきちんと立て、強い覚悟で実行することです。そして、借りる業者は法定金利で貸し付けてくれるところをしっかりと選ぶことです。

 

消費者金融を選ぶ時の基準とは?

キャッシングには銀行カードローンや消費者金融など、比較的少額のお金を借り入れることができる金融機関が多数存在しています。

消費者金融は全体的に見ても銀行と比べて利息が高めに設定されており見劣りするイメージですが、それだけで判断することもできません。

利息が高い代わりにサービス面では充実しており、審査回答の早さや、無利息で借り入れが可能な期間を設けたりと、より利用者の立場に立ったサービスを実施しています。

急な出費で今すぐお金が必要な人や、口座引き落としの期限が迫り、口座にお金が必要な人はスピーディにキャッシングが可能な消費者金融の方が役に立つ場合もあります。

このように、借り入れ限度額が大きく審査も比較的堅実に行われる銀行カードローンは長期的な借り入れや返済においてはメリットがありますが、サービスの内容や条件次第では消費者金融の方がメリットがあることもあります。

キャッシングの際には急いでいたとしても思い込みやイメージに基づいた安易な判断はせず、しっかりと契約内容やサービスを見比べて判断するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。